エンジニアスクールを卒業した後の進路

エンジニアスクールを卒業した後は、多くの人はエンジニアになります。すべての人が関連する職種に就くかというとそうではなく、全く関係がないような職種に就く人もいます。世の中なにが役に立つかわからないので、技術系の学校を卒業してサービス業に就いて成功するかもしれません。少なくとも、その選択肢は間違ってはいないでしょう。

とはいっても、やはりエンジニアのスクールを卒業したなら技術系の職種に就職したいと多くの人が思うのではないでしょうか。学んだ技術をいかせる仕事に就いて、そのスキルをさらに高めたいと思うはずです。卒業後の進路は人それぞれですが、プログラマーやネットワークエンジニアになる人が多いそうです。これらの職種なら未経験からでもなれます。

未経験からシステムエンジニアになる人もいますが、中途採用ではかなり狭き門となるのではないでしょうか。他にはサーバー監視・IT系のコールセンター職など就く人がいます。スクールで学んだ経験が面接で大きく有利になるわけではないことは理解しておきましょう。「学校で良い成績をとったのだから採用されて当然」という気持ちで面接を受けたら通るものも通らなくなります。

未経験の人は最初は企業にとって給料に見合った人材ではありません。「まだ役に立ちませんが、将来は会社に貢献できる人材になります」などと謙虚な気持ちで面接を受けることが大切です。そういった人のほうが企業が時間とコストをかけて育てようという気持ちになります。Pyshonについてはこちらのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です