エンジニアのスクールに通うメリット

エンジニアのスクールでは必ずと言っていいほど面談があります。場合によっては試験・適正テストなどがあることもあります。人気が高いスクールほど試験を突破することがハードになっていくでしょう。例えば企業が費用を出していて無料で受けられるスクール、それどころか生活支援金・給料がもらえる研修のようなところもあります。

エンジニアとひとくちに言っても求められる能力はさまざまです。学歴や資格も1つのアピールポイントとなりますが、学歴や資格そのものが役に立つことはあまりありません。むしろ「わざわざ時間とお金をかけて学校へ行った」「資格を取得するための努力をした」ということがエンジニアになりたいと思う気持ちが本物であり、そのために努力もできるということの証明になることのほうが大きいでしょう。つまり、学歴や資格は1つのやる気や努力をアピールするための手段にすぎないということです。

それは必ずしも学歴・資格である必要はなく、別のものであってもよいのです。面接の時間は30分程度ととても短いものであり、採用担当者は1人の人物をじっくりと見ることができません。そのために過去の経歴や資格などが影響しやすいのです。その意味ではエンジニアのスクールに通うことはメリットがあります。

企業の採用面接とは違ってスクールの面接は簡単なものです。まずはそれを突破して、学校で勉強をしながら本気度をアピールしましょう。企業の採用担当者と学校の講師は意外にもつながっていることが多いので、見込みがある人は推薦してもらえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です